TOEFL 日程 [TOEFL 日程]


TOEFLのテストは、年に30回~40回行われています。

主に週末(金~日曜日)にTOEFLテストの日程が組まれています。

随時、テスト日程を増やすこともあるので、
こまめに公式ホームページをチェックしておくと良いでしょう。


ちなみに今年のTOEFLの日程は以下の通りです。

~2012年度、TOEFLのテストの日程~

【9月】
8日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)

【10月】
13日(土)、27日(土)、28日(日)

【11月】
10日(土)、18日(日)、24日(土)

【12月】
2日(日)、8日(土)、22日(土)


これが、今のところ予定されているTOEFLのテスト日程です。

このスケジュールに、追加や変更の可能性もあるので、
こまめに公式ホームページをチェックしてください。





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL 申し込み [TOEFL 申し込み]


TOEFLの申し込みをするには、4つのステップがあります。


1、受験要網(Bulletin)を必ず読むこと。
受験者は、Bulletinを入手し、一度読まなければいけません。


2、米国ETSの定める有効な身分証明書が必須。
当日にその身分証を呈示しなければ、受験することは出来ません。


3、個人のアカウントページ「MyHomePage(TOEFLテスト公式HPで作成する)」の作成をする。


4、↑作成したMyHomePage上から、申し込みの申請を行います。


TOEFLの支払い方法は、オンラインもしくは電話申し込みの場合はクレジットカード、
郵送で申し込みの場合はクレジット・国際郵便為替・送金小切手の利用が可能となります。

クレジットカードなど、利用できる会社が限られているため、
申し込み前に確認しておきましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL 参考書 [TOEFL 参考書]


TOEFL対策やスコアで高得点を狙うには、
効率的な勉強をしなければいけません。

勉強をする際に最も大切なのは、使用する参考書選びです。


TOEFL対策・ハイスコアを狙うためのTOEFL専用の参考書が、
種類豊富に出版されています。


その中で、最も利用しやすい参考書を選びましょう。


数があるので、どれが良いのか悩むと思います。

その際には、通販サイトなどを利用して、
TOEFL専用参考書のクチコミを参考にして選びましょう。


クチコミはランキング形式になっているサイトもあり、
とても参考になります。


また、TOEFL専用ではないものの、
TOEFLに関わる英語の参考書を利用するのも、
ひとつの参考書の選び方といえます。


それも、口コミサイトなどに掲載されています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL 会場 [TOEFL 会場]


TOEFLの試験会場は、全国各地に設けられています。

全国各地の大学やキャンパスが試験会場となっていることが多いです。


TOEFLテストを行う際、最も集中力を必要とするので、
試験会場を選ぶのは重要なことです。


大部屋や会議室程度の部屋に受験生が詰め込まれるので、
集中力を失う方も居ます。


会場の規模などを把握して、会場を選びましょう。


TOEFL会場のクチコミを掲載しているサイトがあります。


そこでは、各会場の規模や会場の利用者によるクチコミが掲載されているので、
とても参考になります。


そのクチコミなどを参考にし、自分に適した会場を選びましょう。

カギとなる集中力をいかに発揮できる会場を選べるかで、
TOEFLスコアの高得点が狙えます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL ibt [TOEFL ibt]



TOEFLテストには、二つの種類が導入されていることをご存知でしょうか?


TOEFL ibtというのは、TOEFLテストの種類の一種で、
インターネット版TOEFLテスト(Internet-based Test)のことをいいます。


ちなみにもう一つの種類は「TOEFL PBT」といいます。


ibtを略さずに言うと、「Internet-based Test」となります。


今現在、日本で実施されているTOEFLテストは、
このTOEFL ibtのみとなります。


日本で受験可能なTOEFLテストが、ibtであり、
もうひとつのTOEFL PBTは日本では実施されていません。
(2007年11月までは実施していました)


TOEFL PBTに比べると、TOEFL ibtは、
全体的に難易度が増しています。


文法問題は外され、スピーキング問題が追加されており、
日本人にとって、最も難しい内容となっています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL スコア [TOEFL スコア]


TOEFLは、英語試験として有名なTOEICと比較しても、
かなりの英語力・語彙力を要します。


TOEFLのスコアが550点の場合、英語教員レベルとなります。


これを基準として考えると良いでしょう。

ちなみにTOEICの場合は730点が英語教員が持つべき点数と考えられます。


TOEFLのスコアの有効期限は2年となります。


テスト日の2週間後に、そのテストで取得したスコアはインターネットを利用し、
My Home PageのView Scoreで確認できます。


大手のグローバル企業では、TOEFLのスコアを考慮して採用する場合もあるので、
TOEFLのスコアを大手企業に送ることも可能です。


条件に従ってスコア表を申請すれば、ホームページから直接無料で
企業などに送ることができます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL TOEIC [TOEFL TOEIC]


TOEFLとTOEICでは、内容も難易度もまったく違います。

TOEICも難しいとされていますが、英検1級レベルであり、
それらに比較すると、TOEFLの難易度がとても高いといえます。


TOEICがビジネス用語をメインとした英語語彙だとすると、
TOEFLはビジネス用語関係なく、それ以上の語彙力を要求されます。


試験料金も、TOEICに比べてTOEFLは175$と高いのです。


TOEICはビジネス向けですが、
TOEFLは、留学や学術系に長けている英語検定試験です。


TOEIC同様、TOEFL試験のスコアも、
大学や企業に提出することが可能です。

大手のグローバル企業も、
TOEFLスコアを考慮して採用を決める場合があります。


実際の英語圏で生活していた方、
これからする方に向けた検定が、TOEFLといえます。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL PBT [TOEFL PBT]


TOEFL PBTとは、TOEFLテストの種類のことです。

TOEFL PBTは、ペーパー版TOEFLテストのことを言います。

TOEFL PBTを略さずに言うと、「Paper-based Test」となります。

日本では、TOEFLテストのもうひとつの種類である
「TOEFL iBT」を実施しています。


TOEFL PBTは、2007年まで実施していましたが、
それ以降は日本での実施は廃止されました。
(2007年11月10日をもって、日本での実施を廃止)


今現在では、TOEFL PBTは、英語圏を中心に利用されているようです。

日本でのTOEFL PBTの実施予定はこれから先もありません。

復活することもないでしょう。


以前実施されていたPBTと、今現在、実施されているiBTを比較すると、
難易度はTOEFL iBTの方が高いことになります。






タグ:TOEFL 難易度 PBT
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL ITP [TOEFL ITP]


TOEFL ITPというのは、TOEFLテストの作成元のETSが提供するもので、
団体向けのテストとなっております。


ペーパー形式のテストプログラムで、
個人でなく団体対象のTOEFLに基づく英語検定試験です。


また、TOEFL ITPのテストスコアには、公的な効力はないのです。


しかし、テスト内容はTOEFLに準じているため、
TOEFLテストスコアと似ている点があります。


TOEFL ITPの出題問題は、TOEFL PBTの過去問を再利用しています。


そのため、グローバルスタンダードの英語検定として、
各機関で利用されています。


教育機関を中心にした団体が、TOEFL ITPを利用しています。


日本国内だと、英語力を要する高校、
大学や大学院、官公庁などで利用されています。


日本では、「CIEE」が唯一、TOEFL ITPを取り扱っており、
運営と実施を行っています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL ibt [TOEFL ibt]


TOEFLテストには、二つの種類が導入されていることをご存知でしょうか?

TOEFL ibtというのは、TOEFLテストの種類の一種で、
インターネット版TOEFLテスト(Internet-based Test)のことをいいます。


ちなみにもう一つの種類は「TOEFL PBT」といいます。


ibtを略さずに言うと、「Internet-based Test」となります。


今現在、日本で実施されているTOEFLテストは、
このTOEFL ibtのみとなります。


日本で受験可能なTOEFLテストが、ibtであり、
もうひとつのTOEFL PBTは日本では実施されていません。
(2007年11月までは実施していました)


TOEFL PBTに比べると、TOEFL ibtは、
全体的に難易度が増しています。


文法問題は外され、スピーキング問題が追加されており、
日本人にとって、最も難しい内容となっています。





タグ:TOEFL iBT 難易度
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。